自分のイラストが批判された!そんな人に伝えたい4つのこと

こんちゃっす、どうも管理人の小林です。

絵を描いているみなさんは「自分の絵が批判された」という経験はあるでしょうか?

僕も以前に知人から、「なにこの奇形グロ面」と辛辣なことを言われた経験があります。

今回は「自分の描いた絵が批判された人に伝えたい4つのこと」を描いていきます。

今回は管理人から直々にお話があるそうです

リノ

コトハ

どこに需要あるのかしら・・・

 

絵が批判された「あなた」に伝えたい4つのこと

1.どんなに上手な人も必ず「批判」されている!

僕が知人に「絵を批判」されたときは実力がついていなかったので、

きっと「実力をつければ批判されないようになるだろう」と思っていたことがありました。しかしそれは大きな間違いです。

先日、僕のブログの問い合わせメールに「アンチコメントがきてどう対応すればいいのか」という方から連絡をいただきました。(名前は伏せさていただきます)

その人はイラストレーターだったので、「俺の方が上手く描ける」という道場破りのようなコメントも来るそうです。

僕から見たらその人の絵はとても魅力的なイラストに見えましたし、

実際に絵を仕事にしていることから、誰の目から見ても確かな実力はあるはずです。

なんで上手なのに批判がくるのかなぁ?

リノ

「芸術」は特に好みが別れやすい

しかし残念ながら、絵はどんなに実力をつけても必ず批判されるものです。

アンチのいない芸能人がいないのと同じで、全員から賞賛される絵などこの世にありません。

特に「芸術」という分野はかなり人を選ぶもので、実際に「好きだったり嫌いなアニメや漫画」が人によって全く異なります。

世界一価値のある絵は「モナリザ」ですが、「もっといい絵はたくさんあるじゃん」と感じる人が多いのもまさにそういうことです。

2.批判されたら喜ぼう!

どうでもいい人には批判しない

自分の絵が批判されると辛い気持ちは分かります。

しかし、僕は考え方によっては「批判」は喜ぶべきものだと思っています。

もしも、あなたが「モナリザ」のような競売にかければ天文学的な数字が出るような「価値のある絵が描ける」としましょう。

そんな実力を持っていたら、わざわざそこらにいる絵描きに対して、「アンチコメント」だったり「批判的なメール」を送ったりするでしょうか?

自分が世界一価値のある絵が描けるわけですから「正直、他人の絵なんてものすごくどうでもいい」わけですよ。

つまり何が言いたいのかと言うと、

「下手クソ」とか「俺の方が絵が上手い」というような批判をわざわざしてくる人は「自分よりも実力がない人」ということです。

 

心理学的に見ても「嫉妬」は自分の求めているものの表れと言われているので、批判されたら「自分は嫉妬されるぐらい上手くなってしまったのか!」と喜びましょう!

「誰かから批判される」ということ自体を目標にしてしまうのも面白いですね。

3.賞賛してくれる人に目を向けよう!

アンチは「たった1人」だけ?

自分のサイトに「アンチからメール」が何度もきたり、自分の描いた絵に「批判的コメント」がたくさんくる

という場合は、すごく落ち込んだり、嫌な気持ちになるのはすごくよく分かります。

実際に僕もブログで「殺害予告」のアンチコメントをもらったことがあります。

しかし、その批判的なコメントは「毎回同じような時間にきて、同じような文章」という点から推測すると、どう考えても同一人物なんですよね。

実際に信憑性の高い化学的なデータによると「炎上させている人間はわずか0.47%しかいない」というものがあります。

「たくさん批判がくるように感じているだけで」実はかなり低確率でしかアンチは存在しないということです。

批判してくる人の方がどうしても気にしてしまいますし、印象に残ってしまうのは分かりますが、

賛同してくれる人の方が確立的には圧倒的に多いわけですから、自分の描いた作品を喜んでくれる人に目を向けましょう!

4.メンタルを強く持て!

絵を仕事にしたければメンタルが強くなければ生き残れない

最後に、「絵を描いている&絵を仕事にしたい」というみなさんに、どうしても伝えなければならないことがあります。

絵が上手くなるにはもちろん努力が必要です。

しかしそれと同じぐらいに「メンタルの強さ」も必要になってきます。

なぜかと言うと、今活躍しているイラストレーターの方々はアンチから頻繁に「批判メール」がきているんです。

しかしそれでも何事もなかったかのように活動できているのは、プロのイラストレーターや漫画家などはみんなメンタルが強いからです。

少し批判されたぐらいで挫けるようならば決して「絵で食べていく」ことは不可能と思ってください。

 

シホ

厳しいけれども、なかなか的を射ている意見だね

まとめ

伝えたい4つのこと

今回は割りと当たり前のことを伝えた記事になってしまいましたが、

絵を描く上では大切なことを伝えられたのではないかと思います。

今回の記事をまとめると以下の4点を意識しましょうということです。

  1. どんな人でも必ず批判されるものだから「気にしないようにすること」
  2. どうでもいい人には批判しないから「批判されたということはそれだけ成長した」と喜ぶこと
  3. データから見ると、アンチはものすごく少ないので「もっと自分の絵を褒めたり喜んでくれる人を見ようぜ」
  4. メンタルが強くないと「絵を仕事にすることはできない」

というお話でした。

な、なるほど!参考になります

リノ

コトハ

いや、これ当たり前すぎる気が・・・

ちなみに僕は大した実力がないということもあり、残念ながらまだ「絵に関する批判はきたことがない」んですよね。

とりあえず僕も早くみなさんと同じように「批判をもらえる」ぐらい実力をつけたいものです。

当面は「アンチから批判される」ということが僕の目標です・・・アンチがいるなんて羨ましい限りですよ