イラストで「顔はどこから描けばいいのか?」という問題について解説

こんにちは、どうもバーチャルブロガーの神絵リノです。

お絵かき初心者の人は、「顔」を描くことが多くありますが、

そこで「顔はどのパーツから描けばいいのか?」という壁にぶち当たることがあるかと思います。

この記事では、その悩みに対して、誰もが納得できるように解説していきます。

前提として「アタリをつける」こと

まず結論の前に、顔を描くときに「アタリ」は付けているのでしょうか?

確かに、人によって絵の描きやすさはそれぞれなので、描き方も当然異なります。

しかし、ある程度の顔の大きさを決めるための「丸を描き」、各パーツの目安になる「十字」を描いた方が多くの人にとってバランスを取りやすいです。

図で説明しますと、上の画像のような感じです。

アタリをやれば描き分けもしやすくなる

それから、もっと専門的な話は別の記事にてお話するのですが、アタリを取るとキャラクターの描き分けもしやすくなります。

例えば「大人のキャラクター」を描くときは目は上の方についているので十字より目を上に描けばそれっぽくなりますし、

「子供や萌えキャラクター」などを描きたい場合は「十字よりも下に目を描く」など、描き分けもしやすくなるので非常に便利なテクニックです。

シホ

う~ん、これだけじゃ顔のアタリのコツが分からないよ
詳しいアタリのつけ方については、また今度教えていくから待っててね

リノ

それではお待ちかねの結論に入っていきます。

どこから描くのが正しいのか?

「顔はどのパーツから描けばいいのか?」といった記事ではありますが、実はどこから描くのが正しいという正解は存在しません。

なぜかと言うと、描きやすさは人によって異なりますし、構図や作風によっても異なるものだからです。

例えば、下の画像をみてください

私は普段「輪郭→目→鼻→口→髪→耳→眉毛」という順番で描いているのですが、

左のような題材を描く場合ですと、輪郭の次ぐらいに耳を描くと思います。

なぜなら、パースがついているものは、基本的に大きいものから描いた方がバランスが取りやすいからです。

また、画像右のような横顔を描く場合だと「鼻や口(輪郭)」から描くことが多いです。

ただし、「真正面や、真横」などのようにパースが全くついていない場合だと、完全にその人の好みの問題なので、どこから描くのが正しいとは言えないのです。

基本的には輪郭などの周りから描いていった方がバランスを取りやすいですよ

リノ

みんなの描き方を見てみよう!

ツイッターでの意見

実際にツイッターにて「顔はどのパーツから描いているのか?」という意見も、絵師によってかなり異なるものとなっています。

メイキング動画

さらに、プロのメイキング動画を見ても、それぞれ違った描き方をしていることが伺えます。

漫画『Aちゃんねる』の作者である「黒田bbさん」は、

「輪郭→髪の毛→目→眉毛→鼻→口」といった順番で描いています。

また、ライトノベル『世界の終わりの世界録』の挿絵を担当している

「ふゆの春秋」さんは「髪→口→輪郭→目→鼻→眉毛」という順番で描いています。

シホ

髪の毛から描きはじめるのはバランス取りにくそうなのに・・・さすがプロだ

こういった描き方などを知りたいときに「プロのメイキング動画を見る」というのは非常に参考になるのでオススメです。

まぁ要するに、個人だろうとプロのイラストレーターだろうと、みんな描き方はバラバラなので、

初心者はいろいろな描き方を試してみて、自分が1番描きやすい!と思った順番で描いていくことが重要です。

おわりに

最初は悩むことがたくさんあって、どこから描いたらいいのか分からなくなることが多いと思いますが、正解はないのでこれからゆっくり探していけばいいと思っていますよ。

ただ、プロや個人の意見などでも出てきましたが、「輪郭や髪の毛」などの周りから描いた方が、比較的バランスが取りやすくなるかと思います。

この記事に少しでも参考になる情報があったのならば、幸いです。

最後に、ちょこっと役に立つかもしれない情報を載っけておきます。