イラストが上達するために「1人を徹底的にパクる」ことの重要性について

こんにちは、どうも神絵リノです。

よくビジネスの堅実な成功法で、「1人を徹底的にマネしろ(パクれ)」ということを聞きます。

これは「いろいろな人」の良いところをマネしようとすると、情報が分散してしまい、結局は「上手くいっている1人だけ」を徹底的に参考にした方が上手くいくということです。

「マネする」や「パクる」などと言うとなんとなく悪いイメージがありますが、言っていることは非常に正しいです。

例えば「本や参考書」の場合でも、いろいろな本を参考にするよりも、1つの本の内容を徹底的に覚えて実践した方が身になるのは明白ですよね。

そして、これは私の見解ですが、絵も全く同じで「多くの絵師たちを参考にするのではなく、1人だけを徹底的にマネした方が上達する」と思っています。

私の経験

まずはじめに、私は以前、たくさんの神絵師たちのイラストを鑑賞したり、模写をしたりしていました。

「これだけたくさんの絵師たちの絵で勉強したのだから、さぞかし上達したのだろう」と思ったのですが、残念ながら上手くなれませんでした。

そこで、次は魅力的な絵を描いている人の中から、「この人が描いているような絵だったら自分でも描けるかも」と思う人を1人だけ探し、その1人の絵を徹底的に鑑賞したり、模写を行いました。

作品も塗り方なども似せた(マネした)結果、そこそこ納得のいくイラストを描くことができるようになったのです。

この勝因としては「徹底的に1人をマネしたから」に尽きると思っています

リノ

マネすることが良いと思う理由

絵は人によって「こだわり」や「良いところ」などが異なります。

例えば、「おしゃれなイラスト、妖艶なイラスト、アメコミ調のイラスト」を描いている人がそれぞれいたとします。

その場合、全てのそれぞれのいいところを取り入れようとすると、「おしゃれで、艶かしくて、アメコミ調」という個々の良さが消えた中途半端な絵になってしまいます。

分かりやすいように、少し極端な例をあげましたが、たくさんいいところを取り入れれば良い絵というわけではありません。

当たり前ですが、全員に求められる絵は存在しないため、作品のテーマや雰囲気に不要なものは切り捨てることが重要になってきます。

もう1つ例をあげさせていただくと、世界で1番売れている漫画「ワンピース」の作者である尾田栄一郎さんは「恋愛は描きません」と断言しています。

もしも、ワンピースに恋愛色が強かったらこんなに人気漫画ではありませんでした。世界で1番人気の漫画ですら捨てているものがあるんです。

そういう意味で複数人の作品を参考にして良いものを取り入れようとするよりも、1人の人の絵を徹底的に参考にした方が良さを吸収しやすいのです。

マネる人の選び方のコツ

1人の人をマネする(パクる)考え方もあるということを分かっていただけたところで、

では、「どういう人をマネすればいいのか?というコツ」について3つの重要な点を書いていきます。

①自分よりちょっと上(もしくは自分と同じぐらいで評価されている人)にすること

もしも「自分より圧倒的に実力が高い人」だと絵のレベルが高すぎるため、「実践することが難しかったり、やる気が保ちにくくなる」という理由です。

これは私もよくやってしまっていたのですが、絵は基本的に高望みしてはいけません。

いきなり自分は「あきまんや吉成曜のような絵を描こう!」という気でやるのではなく、まずは「自分よりちょっと上手い人」ぐらいを見つけて良いところを学ぶことが重要です。

なぜなら科学的に成果が上がるには「スモールゴール」がとても大切だからです。

②自分と方向性が近いと思った人にすること

自分と方向性が近い人の方が「学べるものが多い」のと、

自分が描きたいものに近いため「モチベーションも上がる」からです。

③「この絵はステキだ」と思った人の絵にすること

これは当たり前のことですが、その人の絵に魅力を感じなければ、模写しても学べることがないからです。

なにより自分がその人をマネしたところで、「魅力的な絵にならないから」という理由です。

以上3点が「マネする人を選ぶポイント」になります。

マネする(パクる)ことは悪いこと?注意点について

もちろん他人の絵のマネをする(パクる)という意見に対し、

「邪道だ」とか「オリジナリティが大切だろ」などという意見があるのはとてもよく分かります。

しかし、そもそも人間のアイデアは今までで得た「経験や知識」から思い浮かぶもので、無から何かを生み出すことは不可能です。

そういう考え方でいくとこの世の全ての芸術はある意味パクりになります。

これは私が通っている美大の「イラスト歴史論」について教えている講師の方も仰っていましたよ

リノ

注意点としては、「露骨にパクったり、トレースや模写」をオリジナルと言い張るのはマナーが悪いのでやめましょう。

ただ、「1人を徹底的に分析したり、絵柄を似せたりする」ぐらいならば意識せずとも、無意識的に誰しもが行っているので気にしなくていいです。

終わりに

このような記事を描くに至った理由としてましては、

私自身がずっと「オリジナリティを求めすぎていた」経験があったからです。

その結果全く需要がない絵を描き続けてしまい、ほとんど評価されなくて、絵が好きではなくなってしまった時期がありました。

確かに自分の描きたい作品だけを描くのは理想ですが、残念ながら描きたいものと需要は必ずしも一致するわけではありませんし、なにより成果がでないとやる気を保つのも難しくなってきます。

要するに何が言いたいのかといいますと、成果を上げている人から徹底的に学んだ方が成果も上がるし、その結果やる気も出るということです。

いろいろな人の絵を参考にしている人は、「特定の1人だけを徹底的にマネするという考え方もある」ということを頭に入れておいてくださいな。